• 痛みの評価アプリ

    Pamin(パミン)は,痛みの『レベル』と『周期』を第三者に伝えることができるアプリです.

    ・凸凹の大きさを自分で変えることで痛みのレベルを伝えることができます.

    ・凹凸の動きを自分で変えることで痛みの周期を伝えることができます.

     

    特許第6488064号

    第12回キッズデザイン賞受賞

     

     

    医療の現場で医師や看護師が患者の痛みのレベルを知ることは,処置治療方法や投与の量などにも影響を及ぼすほど重要なことなのです.

     

    現在使用されているのは,10cmのライン上に右端を痛みのMAXとしてどのレベルなのかチェックを入れさせ,左端からの距離に置き換えて痛みのレベルを知る方法です.あるいは,フェイススケールといって,笑っている顔から泣いている顔までを並べてどの顔に近いかを選ぶ方法なのです.

     

    しかし,小児看護の現場では,痛みを距離や表情に置き換えるということができない子ども達が多いのです.そこでもっと直感的にしかも的確に伝える必要があると考えて開発したツールです.

     

  • どんな手法なのか

    キーワードは,感覚モダリティ変換

    ・感覚モダリティ変換を用いる

    異なった受容器を通して生じた感覚はそれぞれ質的に異なるのですが,経験から見ただけで触ったと同じように感じることができます.

    見ただけで冷たさを感じたり,見ただけで痛さを感じることがきるのはそのためです.

    この視触覚モダリティ変換を利用して,見た目のオブジェクトの凹凸感を変えることで痛さを容易に第三者に伝えるのです.

     

    ・オブジェクトの形状変化を自分自身で操作する

    凸凹の差が小さければ痛みは小さく,差が大きければ痛みは大きく感じます.

    それを自分の思うように横方向へのスワイプ(画面に触れた状態で指を滑らせる操作)で凹凸の差を変えることができます.

    縦方向へのスワイプで,凹凸の変化の早さを変えることができます.これで痛みの周期を表現できます.

    自分で操作することで痛みのレベルと周期を同時に第三者に伝えることができるのです.

     

    ・推移をグラフとして見ることができる

    言葉では表現しづらい痛みをオブジェクトを変化させることで痛みを伝えると同時にその痛みを7段階評価としてグラフ化してくれます.

    これにより,痛みの推移を数値データとして把握することができます.

     

  • 使い方

    スワイプのみで完結

    1.ユーザー登録

    カルテNo.と姓名を入力することで,複数の患者の登録をすることができます.

    Pain-movie

    2.左右スワイプ

    痛みのレベルを表現

     

    左右にスワイプ(画面に触れた状態で指を滑らせる操作)でオブジェクトの凹凸を変化させます.

     

    上下にスワイプさせて痛みの周期レベルを表現します.

     

    何度でもやり直すことができます.

     

    3.グラフを見る

    直近7回分の推移を折れ線グラフで確認できます.

    グラフ下のオブジェクトをタップするとそのカタチと周期を再現してくれます

     

    4.データをクラウドへ

    データはエクセルデータとしてメールやCloudを使って保存が可能です.

     

    登録者ごとの過去全てのデータが保存されており,長期的な推移を確認することができます,

    5.操作方法[動画]

    操作方法を動画でご覧下さい.

  • ベースはアナログ・ツール

    [視触覚による感覚モダリティ変換]

    触れずとも見ただけで痛みの強さを三者に伝えることができます.

  • 購入

    Apple iPad,iPad mini用アプリ

    2017年 7月1日 販売!

    小児から高齢者まで操作が簡単!